家賃1万円アップ!リフォーム

リフォームのご提案により、家賃56,000円のワンルームが66,000円でご成約になりました。別の管理会社から引き継いだ物件で、初めての退室の事でした。定期的にリフォームをしてこなかったのかメンテナンスが行き届いてなく、修繕がかなり必要な状態でした。そこで、リフォーム代が掛るのであれば、多少費用が増えても賃料アップが出来るリフォームの提案をして、大家さんに選んでもらおうと考えました。

まず問題だったのが、鉄骨造で建物はしっかりしていますが、築37年なので設備が限界を迎えていました。特に厳しかったのがユニットバスで、故障も多く、漏水も度々起こしていました。修理をしても10万円以上掛かってしまう状態でしたので、思い切って交換する事にしました。(50万円~60万円)しかし、ユニットバスが新品になったとしても2,000円~3,000円程しか家賃アップは見込めません。

そこで、この物件の最大のネックである外洗濯機置場(バルコニー)を、室内洗濯機置場に変更(12万円~15万円)する事と、防犯面強化としてドアチャイムをTVインターホンに変更(3万円~4万円)して、女性に受ける設備にしました。
また、ユニットバスに高級感を出す為ボルドー色のアクセントパネルでデコレーションして、ホテル風の感じを出しました。入居募集については、流石に家賃1万円アップは厳しいかと思いましたが、ターゲットにしていた女性に気に行って頂き、僅か2週間でご成約になりました。補修のみで済ませるより、50万円程リフォーム代が嵩んでしまいましたが、漏水の悩みからも解放された事に合せて、家賃が1万円も上がったので、大家さんにはご満足頂けました。

基本的には、今回のようなユニットバス交換等の費用が嵩む工事は、賃貸業においては避けるべきだと考えおります。しかし、やる必要がある場合には、家賃を上げる為のリフォームをして、掛けた費用を無駄にしない事も1つの方法です。中途半端が1番良くないという事になります。

ハウスコレクションの管理内容
賃貸管理にお悩みなら、世田谷区で20,000室の成約実績のある弊社にご相談ください。管理内容

著者名:石川 和寿