家賃滞納が起こる原因

家賃滞納が起こる原因

賃貸住宅の14世帯に1件が家賃滞納の現実です。賃貸経営の中で必ず出てくる問題が家賃滞納です。数日家賃の入金が遅れても待ってあげる大家さんが多くいらっしゃいますが、これが本当は良くありません。

大家さんの理由は「2、3日位の遅れでは言いにくい」「遅れても、いつもちゃんと入るから」「入居者も大変だと思うから」と入居者を気遣う気持ちもあり待ってあげてしまいます。しかし、これを続けていくと遅れても何も言われない為、月を重ねるごとに3日が7日に、7日が15日にと、どんどん支払いが遅れるようになります。

月の半分も過ぎると来月の支払いも発生してきますので更に苦しい状況になります。このように入居者が支払いに厳しい状態なって連絡を取ろうとしても、電話に出てくれなくなってしまい家賃回収が厳しくなります。また、保証人も滞納が溜まった状態で連絡されても困ってしまうのが現実です。

家賃滞納の予防策

①保証人は親にする
賃貸契約の保証人を誰にするかは、家賃滞納防止の大きなポイントになります。保証人を決めるうえで1番大事なことは、本人との関係性の濃さであり勤務先や収入ではないという事です。年金暮らしであっても、親であれば子供に貯金から滞納分を支払ってくれます。したがって、保証人で最も適しているのは親であり、親が高齢の場合は緊急連絡先で兄弟等をプラスして貰っておくと良いでしょう。また、本人の内容(公務員、上場企業等)が良ければ、兄弟が保証人でも問題ない場合も有ります。友人・会社の上司等は、お金が有っても滞納時は対応してくれない事が多いので気を付けましょう。

②保証会社を利用する
保証会社を利用すれば、滞納時に借主の代わりに支払ってくれますので、積極的に利用する事をお勧めします。保証会社の良い所は、滞納が3ヶ月分溜まった時点で直ぐに訴訟の方向になり、強制執行までどんどん進んでいくところです。滞納する人は住めないので健全な賃貸経営が行えます。注意点は、保証会社が倒産してしまった時に、保証がなくなってしまいますので保証会社の選定は慎重におこなって下さい。

③定期借家契約を利用する
長期間空室になると、入居者の内容が多少悪くても入れたい時があります。その場合は、保証会社に入ってもらうことと、いざという時に解約が出来る契約にしておくことです。「通常賃貸契約」は、更新時でも余程のことがない限り、貸主側から契約を終了させる事が出来ません。しかし「定期借家契約」を利用すれば期間満了で契約を解除することが出来るのです。

家賃滞納が起きた時

家賃が1日でも遅れたら直ちに入居者に連絡をして下さい。本人に連絡がつかない場合は、勤務先や保証人にも連絡を入れて下さい。なぜそこまでするのかと言うと、家賃滞納はどんな理由でもしてはいけない事だと、入居者に分かってもらう為です。

滞納常習者でも、これを毎月続けるとまずいと考えるようになり期日内に入金するようになっていきます。根気が要りますが、入居者を「教育」するつもりで対応していかなければ、家賃滞納はどんどん増えてしまいます。

電話、手紙で何度連絡しても音信不通の場合は、本人と保証人に「内容証明郵便」で督促状を送ると効果的です。訴訟寸前の状態だという内容で送ることで、大半の人は連絡をしてきて解決します。それでもダメな場合は、時間とお金は掛かりますが弁護士のお願いするしかありません。大事なことは、滞納が溜まる前にどんどん対応していく事です。

家賃滞納の対応策

  • 対応策①:1日でも遅れたら、即時対応する。(入居者教育をする)
  • 対応策②:保証人は収入が無くても原則親が良い。(収入が有っても他人は当てにならない)
  • 対応策③:保証会社の積極的な利用
  • 対応策④:根気良く何度でも対応する。