入居募集について

入居募集について

入居募集で長期空室になってしまう場合ですが、「家賃が適正か」「重大なネックが無いか」「インターネット掲載がしっかりされているか」をチェックする必要があります。情報が乏しい時代では、家賃が高くても決まることがありましたが、情報が氾濫している現代では家賃は適正でないとなかなか決まりません。

また、和室や外洗濯機置場といった今のニーズ合わない設備だと賃料の減額に繋がります。募集物件がしっかり正しくインターネットに掲載されてなく、決まっていないことも多いです。

インターネット掲載

インターネット掲載は、どこの不動産会社でもやっていますが、しっかりした掲載が出来ている会社は少ないです。昔のように店頭看板を見てご来店されるお客様は余りいなくなり、殆どのお客様は、インターネット経由でご来店されるので、ネット掲載は重要です。

【ネット掲載のポイント】

①写真が綺麗か?
②間取図が分かり易く綺麗か?
③反響の多いスーモを中心に多数サイトに掲載されているか?
④複合路線の登録がされているか?
⑤設備掲載チェックがしっかり出来ているか?

上記のポイントは、当たり前の事ですがしっかり出来ていない会社が非常に多いので注意して下さい。最近では、会社の口コミを見て不動産会社を探す人も増えています。不動産業界も益々インターネット頼みになっていきますので、インターネットに強い不動産会社を選ぶことが重要になります。

物件に重大なネックが無いか

時代の流れに応じて、賃貸住宅の設備状況も大きく変わってきています。大きなネックを抱えている物件は、賃料を大幅に落とさないと決まりませんのでご注意下さい。「外洗濯機甥場」「収納無し」「電気コンロ」「和室」等は、大きなネックになりうる項目ですので改善してからの募集をお勧めします。

他物件に埋もれない様にする

世田谷のほとんどの駅で空室が1,000室を超えています。同じ価格帯の物件に絞っても100単位でライバル物件がある状態です。この状況で入居者に選んで貰うためには、ライバル物件に勝てる状態まで物件を仕上げる必要があります。

その方法は物件毎に違いますので一概に言えませんが、「初期費用」「リフォーム」「共用部清掃」「ペット可」「バイク可」等で差別化を図る事です。何もしなければ多くの物件に中に埋もれ続けてしまい、ラッキーでしか決まりません。

入居募集の対応策

  • 対応策①:インターネットに強い不動産会社に依頼する
  • 対応策②:重大なネックは解消して募集する
  • 対応策③:ライバル物件に勝てる特徴を付ける