更新業務

 

契約期間が満了になる前に更新手続きを行います。手続きを行わなくとも契約を継続することはできますが(法定更新と言います)、その場合、期間の定めのない契約になります。

また、法定更新を何度か繰り返してしまうと無断転貸されていたり、連帯保証人が亡くなっていたりというケースもありますので、更新の手続きはしっかりやる必要があります。

また最近は、お勤めが変わっている入居者も増えておりますので、現状確認うぃしておく事も大切になります。

【注意点】更新料を定めた契約であっても、更新の期日を超えてしまった場合、法定更新となります。この場合、法定更新には更新料の概念が無いため、更新料の支払いを拒絶された時は請求が出来なくなってしまいます。弊社の場合は、防止策の特約を入れて対応しておりますので、ご安心下さい。

当社の更新業務の進め方

①契約満了日の2ヶ月~3ヶ月前に、オーナー様に更新をするかの有無、条件を変更するか、の確認をさせて頂きます。

②更新する場合、入居者に更新案内書をお送りし、更新の有無、条件変更の通知を致します。

③入居者から契約満了の1.5ヶ月前ぐらい前までに、更新の連絡をしてもらいます。連絡が無い場合、電話で更新の有無を確認します。

④更新の場合、連帯保証人の変更が無いか、入居者の増加(結婚、出産等)がないか等を確認して更新書類の作成を致します。

⑤入居者に更新料等を入金してもらい、更新契約書、火災保険、状況確認書(仕事を変えている場合がよくあります。)に署名・捺印して頂きます。

⑥オーナー様に、更新料をお支払し、更新契約書に捺印して状況報告書と一緒にお渡し致します。

  以上で、更新業務を終了になります!!

 

満室経営