更新業務

 

更新手続きを行い、契約内容を確認・整備します。手続きを行わなくとも契約を継続することはできますが(法定更新と言います)、入居者の状況の変化が分からず、様々なトラブルの元にも気付けなくなります。弊社では、こういった状況に陥るのを未然に防ぐため、更新手続きをオーナー様に代わって実施します。仮に、法定更新になった場合も、更新料支払い拒否などを防止するため契約書にオリジナルの特約を入れています。

”無料でプロに相談にできます”お気軽にお問い合わせください
更新業務の流れ

①契約満了日の2ヶ月~3ヶ月前に、大家さんに更新をするかの有無、条件を変更等の確認をさせて頂きます。

②上記確認が取れた場合、入居者に更新案内書をお送りし、契約満了の1ヶ月前より余裕をもって更新の有無を確認します。滞納や問題点があれば、この時指摘して改善をしてもらうのを条件に更新手続きを進めます。

③更新の場合、入居者から更新料等の入金と更新契約書・現況報告書に署名・捺印を頂きます。この時、現況報告書に勤務先や連帯保証人に変更が無いか、入居者の増加(結婚、出産等)がないか等をチェックします。

④大家さんに更新料をお支払いし更新契約書と現況報告書を一緒にお渡し致します。管理引継ぎいだ物件で、不足書類があった場合は、このとき合わせて整備してご提出しています。

  以上で、更新業務を終了になります!!

 

”無料でプロに相談にできます”お気軽にお問い合わせください