賃貸の閑散期における入居募集のコツを管理会社が解説

賃貸の閑散期における入居募集のコツを管理会社が解説

賃貸業界において夏場は閑散期と冬場は繁忙期と言われております。この閑散期シーズンに空室が出てしまうと不安に思うオーナー様が多いと思います。賃貸管理会社が家賃を下げない方法を含めて閑散期の入居募集のコツを解説いたします。賃貸マンション・賃貸アパート経営をするうえで、募集の時期を意識することは非常に大切です。繁忙期と呼ばれる、冬から春にかけての1月から3月の間であれば、新社会人、学生さん、転勤などを理由に、お引越を考える方が最も多い時期になります。この時期にお部屋が空けばラッキーですね。しかし、それ以外の閑散期シーズンに空室が出てしまったら「なかなか決まらないのでは・・・・。」「閑散期が来るのが怖い・・・・。」こんな風に思っている大家様もいらっしゃると思います。そこで、賃貸管理会社の視点から見ることで閑散期でも、少しの工夫で満室は実現できます。賃貸経営をされていると、何かと不安が多いかと思いますが、閑散期の退出もそのうちの1つとして上げられることも多いようです。そんな不安を少なくできるように、入居募集のコツをお伝えしたいと思います。

”無料でプロに相談にできます”お気軽にお問い合わせください

【目次】

  1. 閑散期のお客様の傾向を把握する
  2. 家賃を下げない方法で閑散期を乗り切る
  3. まとめ

1.閑散期のお客様の傾向を把握する

賃貸データ分析夏場の閑散期に退出が出てしまうと、探しているお客様が少ないため、長期空室が起こりやすいと一般的には言われております。

夏場での退出理由として多いのが、急な転勤や、退職、実家に急遽戻らなければならなくなったなどの、緊急性のある理由が多いようです。それ以外に多く見られるのが、現状のお部屋に何か不満が出て、明確な引越期日は決めないで、良いお部屋が見つかるまでとことん探すというような方々です。

弊社のある三軒茶屋エリアでは後者のパターンが多く見受けられます。このように、繁忙期のお客様と比べて引越に対する動機が薄いのも、閑散期のお客様の性格になります。しかし、東京のような首都圏においては、地方のエリアと違いこの時期でも引越をしなければならない人はいます。

都心の人口一極集中化を受けての結果では有りますが、この、シーズンに関係なくある程度のお客様がいるということは、地方の閑散期の賃貸募集よりは希望が持てるのではないでしょうか。では、その閑散期のお客様に対して、どの様な対策でアプローチをしていくべきかご説明します。

2.家賃を下げない方法で閑散期を乗り切る

閑散期シーズンは引越をする人が減少するため、市場の空室物件が増えます。そうなると、近隣の競合物件が減るため、探している条件に多少でもヒットすれば、内見に繫がる可能性も高くなるのです。

そこで、お客様の中で少しでも《お得感》が得られるように募集をかけてあげれば、成約に繫がるチャンスもさらに増えていきます。

例えば、募集時に管理費が家賃に込みになっているのであれば、家賃から管理費に2千円から3千円ほど振ってみましょう。すると、インターネット上の検索に引っ掛かる確率が上がり、探しているお客様の目に留まる回数が増えます。

また、家賃が相場より高いと思われる場合も管理費に振ることで、とりあえず、家賃を下げずに相場に近づけていくことも可能になります。

近年のお客様は、あえて引越時期をこの夏の閑散期にずらすという方もいらっしゃるそうです。何故なら夏場は入居が決まりづらいため、家賃の交渉が通りやすいという情報を知っているからです。

そうすると、申し込みを入れる際に家賃の交渉を入れてくるケースが大変多くなります。閑散期の場合は、とにかく家賃の交渉が入り易い傾向が有りますので、カラーリフォームや初期費用を割安にする等の対策を取り家賃の下落を防ぎます。

三軒茶屋エリアに賃貸物件をお持ちのオーナー様は、地方エリアでは既に敷金、礼金が無い《ゼロゼロ物件》というものが当たり前になっていることをご存知でしょうか。人気の三軒茶屋エリアではまだ広がりを見せてはおりませんが、確実にその波は来ております。

実際、ご来店されるお客様が「礼金って何の意味があるのですか?」という質問をされる割合がとても増えたように感じ取れます。まだ三軒茶屋エリアでは「敷金・礼金0」がスタンダードになってはいないので、初期費用の礼金を無くしてあげるだけで、家賃を下げるより競合物件との差別化となり、成約に繫がっていきます。

また、初期費用で工夫できることといえば、入居の月のお家賃をサービスする、《フリーレント》があります。これも礼金を無くすことと同じく、初期費用のカットに繫がるので大変効果的です。

3.まとめ

閑散期に、家賃を下げずに成約する為には、家賃の管理費への振分けと、初期費用を安くする事が効果的です。特に初期費用は一時金なので、毎月の家賃収入には響かない点がメリットになります。閑散期は特に家賃が下がりやすく、大家さんにとって危険なシーズンです。

幸いなことに、この世田谷区の三軒茶屋地域では、他の地域に比べてお客様の確保は出来ますので、閑散期での早期入居を目指すために、物件の条件を見直してみるとよいかもしれません。

また、弊社の人気商品で初期費用を画期的に安くしたプラン「ゼロチンタイ」があります。これは、閑散期でも1ヶ月以内に成約になるプランですので、お困りの方は是非ご相談下さい。

最近では賃貸アパート、賃貸マンションを貸し出す場合には、賃貸管理会社に依頼するオーナーさん、大家さんが増加しています。ハウスコレクションには世田谷区で14年の営業実績により蓄積した賃貸管理の豊富なノウハウと、ご入居者の多様なニーズにお応えすることにより、賃料を下げずに空室期間を短縮することを可能にしました。その結果、空室率の低い賃貸管理サービスを格安料金【10,000円】で提供させていただく事を実現しました!

ハウスコレクションの管理内容
賃貸管理にお悩みなら、世田谷区で20,000室の成約実績のあるハウスコレクションにご相談ください。管理内容


著者名:清水 隼人

【対応エリア】
世田谷区、杉並区、目黒区、渋谷区、新宿区、狛江市など

”無料でプロに相談にできます”お気軽にお問い合わせください